映画・テレビ

3年ぶりの新作を完成させたLUCEROのBENと映画監督として活躍している弟、JEFF――南部で生まれ育ったNICHOLS兄弟の絆とは

Lucero

 
 
結成20周年を迎えたメンフィスの5人組ロックンロール・バンド、ルセロが遂に新しいアルバム『Among The Ghosts』を完成させた。
 
リリース日は8月3日。
 
前作『All A Man Should Do』から3年ぶりのリリースとなる。
 
今回は、2012年から所属していたATOから離れ、インディペンデントのアーティストをサポートしているナッシュビルのサーティー・タイガースからのリリースであることに加え、09年の『1372 Overton Park』から『All A Man Should Do』まで3作連続でプロデューサーを務めてきたテッド・ハットに代えて、ジェイソン・イズベル、マーゴ・プライス、ドライヴ・バイ・トラッカーズ他を手掛けてきたプロデューサー/エンジニア、マット・ロス・スパングと新たに組んでレコーディングを行っている。
 
心機一転という気持ちがメンバーたちにはあるようだ。
 
『1372 Overton Park』以来、レコーディングのみならず、ツアーにも連れていっていたホーン隊と一旦別れ、結成時の4人にキーボード奏者のリック・ステフを加えた5人でレコーディングしたというから、ストレートなロック・サウンドに回帰しているに違いない。
 
その一方でバンドのフロントマンであるベン・ニコルズ(Vo, G)は曲を作るにあたって、これまで以上にストーリーテリングを意識したそうだ。
 
「Back to the Night」という曲では映画『シェイプ・オブ・ウォーター』他で知られる俳優、マイケル・シャノンがナレーションを加えているという。
 
新作のソングライティングを「シネマティック」とたとえるベンは、こう付け加えている。
 
「でも、誰も見たことがないような映画なんだ」
 
 
 
 
 
 
 
リリースに先駆け、公開された「For the Lonely Ones」「To My Dearest Wife」の2曲を聴きながら、前作からの3年の間に、それぞれに家族を持った彼らが心機一転、どんなロックンロールを奏でるのか楽しみにしている。
 
 
 
Amonghteghosts Among The Ghosts (Liberty&Lament / Thirty Tigers)
 
 
『Among The Ghosts』にはベンがソロ名義で、映画『ラビング 愛という名前のふたり』に提供した「Loving」のバンド・ヴァージョンを含む計10曲を収録。
 
その『ラビング 愛という名前のふたり』は、映画監督として活躍しているベンの弟、ジェフの5作目の作品。因みにマイケル・シャノンはジェフ・ニコルズ作品の常連俳優。「Back to the Night」の客演も納得だ。
 
Jeffandmichael ジェフとマイケル・シャノン
 
 
これまでジェフは最新作の『ラビング 愛という名前のふたり』を含め、計5本の映画を監督しているが、ベンはソロ、あるいはルセロとして、全作品に楽曲を提供している。
 
ジェフのデビュー作『Shotgun Stories』(07年)は製作費25万ドルのロウバジェット作品だったから、ひょっとしたら、音楽を作る予算がなくて、兄貴を頼ったのかもしれない。しかし、その後、ジェフは監督して成功を収め、『『MUD -マッド-』(12年)、『ミッドナイト・スペシャル』(16年)といった大きなバジェットの作品を撮るようになった。
 
音楽にだって、たっぷりと予算を掛けられるだろう。実際、劇中の音楽は、2作目の『テイク・シェルター』(11年)からずっとデヴィッド・ウィンゴを起用しているが、いわゆる挿入歌やエンディング・テーマだって、いろいろな――たとえば、有名なアーティストを使ってもいいはずだ。しかし、ジェフがエンディングを含め、特に印象的な場面ではベンやルセロの曲を使いつづけているのは、彼の作品が人気アーティストの曲が多数、流れるような派手な作品ではないこともさることながら、やはり兄弟と言うか、家族の絆を大事にしているからなんじゃないだろうか。ルセロと言えば、アメリカの南部にルーツを持っていることを誇りとしているバンドだが、そこにアーカンソー出身のジェフの兄貴に負けない南部魂を感じたりも。
 
その意味では、ベンやルセロのメンバーのみならず、マイケル・シャノンやデヴィッド・ウィンゴまた、ジェフにとっては家族と言える存在なのかもしれない。

|

あけましておめでとうございます

Photo

 
 
無事、新年を迎えることができました。
 
 
 
 

|

あけましておめでとうございます

Photo

 
 
無事、新年を迎えることができました。

|

あけましておめでとうございます

Photo

 
 
無事、新年を迎えることができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

奇跡体験!アンビリバボー!

17日の夜、『奇跡体験!アンビリバボー!』をたまたま見ていたら、アメリカにいる知人が取り上げられていてびっくりした。

Img_20131017_210559

早速、知人にそれを伝えたところ、番組のビデオを手に入れられないかと言うので、テレビ局に電話して、「昨夜、そちらの番組に友人が出てて…」と伝えると、案の定、おかしい人間と思われたみたいで、いきなり「上の者に変わります」と言われた。

まぁ、そりゃそうだろう。

結局、「本人から連絡がもらえるならまだしも、テレビ局が一視聴者に番組の録画ビデオを渡すことは難しい」とのこと。至極納得。

知人には取材スタッフの連絡先がわかるならそっちに聞いたほうが確実だよ、と伝えた。

|

Luceroのベンの弟ジェフは期待の新進映画監督

Jeffnichols

ルセロのベンの弟、ジェフ・ニコルズが映画監督だということは知っていたけど、まさか最新作『MUD』が第65回カンヌ国際映画祭の(メインとも言える)コンペティション部門の正式出品作に選ばれるほど、注目および期待されているなんて全然知らなかった!

ちょっとびっくりしながら、ジェフのことを調べてみたら、前作の『テイク・シェルター』はカンヌ批評家週間グランプリ他、数々の賞を受賞。マシュー・マコノヒーとリース・ウィザースプーン主演の『MUD』も含め、これからの活躍が期待されているようだ。

あ、『テイク・シェルター』、日本でも劇場公開されていた・・・って全然知らなかった!!

ぼんやり生活してちゃいけないね。

ベンの「Shelter」という曲が映画に使われている。

映画館でベンの歌声を聴いてみたかった。

『テイク・シェルター』のサントラ、早速オーダーしなきゃ。

|

映画『犬の首輪とコロッケと』インタビュー

Pc140010

ケンカと窃盗に明け暮れる札付きのワルだった少年は、ひとりの女性と出会ったことをきっかけに真面目に生きることを誓い、漫才師を目指した――。

大阪を中心に活躍している芸人、長原成樹が自伝小説を自ら映画化した『犬の首輪とコロッケと』が今月28日からロードショー公開される。主人公・セイキと、彼を寡黙に見守るおとうちゃんの"愛"を中心に、彼の周りにいる熱い......いや、暑苦しい人たちのさまざまなおもいを泣き笑いとともに描いた同作。荒くれた映画と思いきや、人情味あふれるなかなか爽やかな作品になっている。

そこで今回は、セイキ役の鎌苅健太と、彼のライバル、ヤマトを演じた中村昌也へのインタビューを敢行。同作の見所や撮影中のエピソードなどを存分に語ってもらった。

つづき

|

HAPPY NEW YEAR 2012

Photo

あけましておめでとうございます。

新年を迎えることができました。

今年もよろしくお願いします。

|

第4回したまちコメディ映画祭in台東

Photo

オープニング作品の『サラリーマンNEO劇場版(笑)』の出演者

第4回したまちコメディ映画際 in 台東のレッドカーペットとオープニングセレモニーに行ってきた。

伊東四朗さんがコメディ栄誉賞を受賞しました。

Photo_2

子供の頃、「笑って笑って60分」「みごろ!たべごろ!笑いごろ!」「いい加減にします」を見て育ち(でも、「ザ・チャンス!」は見てなかった)、今もまた伊東四朗一座の舞台で笑わせてもらっている僕のような人間にはとても感慨深いものがある。

(どうでもいいけど、この日の『親父熱愛(パッション)』はどんなふうに放送したのかしら?)

夜は駒形どぜうでどぜう鍋をいただいた。

Photo_3

|

ざっくり戦士ピラメキッド

P8190642

また、「ピラメキーノ」のイベントに行ってきた!

いいのか、俺?!

|

その他のカテゴリー

SXSW | アート | カフェ | ラジオ | ルセロ | 映画・テレビ | | | 音楽