« あけましておめでとうございます | トップページ | LAST HURRAH 2.0 presents Best 10 albums 2017 ② »

LAST HURRAH 2.0 presents Best 10 albums 2017

Photo

 
 
昨年にひきつづき、ルーツ・ロック~アメリカーナをテーマに(でも、そこはゆる~く)2017年のベスト・アルバムを10枚ずつ選んでみたところ、今年もまた、他にはないおもしろいベスト10になりました。
 
 
 
 
【まだまだある。エンドレスで挙げられるほど豊作だった17年】
by 早川 哲也
 
 
Images
■ After You’ve Gone / Legendary Shack Shakers (Last Chance)
 
 
Images_5
■ Tigre-Teigne / Le Skeleton Band (Head)
 
 
Images_6
■ Boy In A Well / The Yawpers (Bloodshot)
 
 
Scotthbiram
■ The Bad Testament / Scott H. Biram (Bloodshot)
 
 
Images_7
■ Songs Of Love And Death / Me And That Man (Cooking Vinyl)
 
 
Nikkilane
■ Highway Queen / Nikki Lane (New West)
 
 
Images_8
■ Sunnyside / Jake La Botz (Hi-Style)
 
 
Images_9
■ A Girl Like You / Emanuela Hutter (Emanuela Hutter)
 
 
Images_10
■ Gilded / Jade Jackson (Anti-)
 
 
Images_11_2
■ Bad Hombre / Bob Wayne (People Like You)
 
(順不同)
 
 
昨年同様にアメリカーナ枠内ギリギリなモノも混じっているが、ルーツ系から選んだ10枚。
 
他にEarle親子それぞれの新作、The Sadies、Coco Hames、Bash & Pop、JD Mcpherson、Dan Auerbach、Kitty, Daisy & Lewis、Lillie Mae、Margo Price、Eric Ambel、Imelda May、Old 97's、The Builders and the Butchers、Guadalupe Plata、Low Cut Connie …。
 
まだまだあるなぁ。振り返れば、ルーツ系は豊作だった17年。
 
18年はLAST HURRAAH 2.0でも取り上げたEasy Eye Sound作品に期待。
 
嗚呼エンドレス…。
 
 
 
 
【平和や平等のために立ち向かい、闘っているような女性の姿に胸を打たれた】
by 堀口 知江(ホリグチ チエ)
 
 
Scotthbiram_2
■ The Bad Testament / Scott H. Biram (Bloodshot)
 
 
Images_2
■ Spades and Roses / Caroline Spence (Tone Tree Music)
 
 
Old
■ Graveyard Whistling / Old 97's (ATO)
 
 
Images_3
■ After You've Gone / Legendary Shack Shakers (Last Chance)
 
 
Images_1
■ Freedom Highway / Rhiannon Giddens (Nonesuch)
 
 
Hurray
■ The Navigator / Hurray for the Riff Raff (ATO)
 
 
Nikkilane_2
■ Highway Queen / Nikki Lane (New West)
 
 
Images_3_2
■ Ivory Castanets / Cat Clyde (Cinematic)
 
 
Images_4
■ You Don't Own Me Anymore / The Secret Sisters (New West)
 
 
Unnamed
■ Sidelong / Sarah Shook & the Disarmers (Bloodshot)
(順不同)
 
 
Rhiannon GiddensやHurray for the Riff Raffのように、平和や平等のために立ち向かい、闘っているような女性の姿に胸を打たれました。
 
中でもRhiannon Giddensの「You can take my body, you can take my bones / You can take my blood but not my soul」というフレーズは印象的で、いまの米国社会の動きを象徴しているように感じ取りました。
 
女性アーティストが多くなってしまいましたが、Justin Townes EarleやSammy Brue、Dan Auerbachも良かったです。あとLillie Maeも!
 
18年はRuby BootsやJD Wilkesのリリースが楽しみです!
 
 
 
 

|

« あけましておめでとうございます | トップページ | LAST HURRAH 2.0 presents Best 10 albums 2017 ② »

音楽」カテゴリの記事