« 2017年12月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年1月

LAST HURRAH 2.0 presents Best 10 albums 2017 ②

Photo_2

 
 
昨年にひきつづき、ルーツ・ロック~アメリカーナをテーマに(でも、そこはゆる~く)2017年のベスト・アルバムを10枚ずつ選んでみたところ、今年もまた、他にはないおもしろいベスト10になりました。その第2弾です。
 
 
 
 
【New West Recordsの活躍が目立つなど、17年も好作続き】
by 山本 尚
 
 
Raydavis
➀ Americana / Ray Davies (Legacy)
 
 
Hurray_2
② The Navigator / Hurray for the Riff Raff (ATO)
 
 
Thesadies
③ Northern Passages / The Sadies (Yep Roc)
 
 
Nikkilane_3
④ Highway Queen / Nikki Lane (New West)
 
 
Joanshelley
⑤ Joan Shelley / Joan Shelley (No Quarter)
 
 
Sonvolt
⑥ Notes of Blue / Son Volt (Transmit Sound)
 
 
Sammybrue
⑦ I Am Nice / Sammy Brue (New West)
 
 
Kacy
⑧ The Siren's Song / Kacy & Clayton (New West)
 
 
Banditos
⑨ Visionland / Banditos (Bloodshot)
 
 
Old_2
⑩ Graveyard Whistling / Old 97's (ATO)
 
17年も好作続き! ①はThe Jayhawksがバック・バンドを務め、このタイトル。もちろん期待を裏切らないアルバムでした。これからも長く聴き続けるであろう。
 
②~⑤はライヴも見たけれど、ライヴも最高。特にHurray~とNikkiのステージでの存在感には度肝を抜かれた。
 
Jeff Tweedyプロデュースの⑤と⑧はテイストは違うけれど好作。ギターのフレーズ、音作りにJeffのこだわりを感じ、Wilcoと共に彼のプロデュース作品にも注目していきたい。
 
⑦は新人らしからぬ曲のクオリティーとアレンジで注目。LAST HURRAH 2.0でも紹介されたので、是非、読んでほしい。
 
レーベルで言えば、17年はNew West Recordsの活躍が目立ったな~と。いいアルバムを立て続けに出してくれた。
 
そしてTom Petty含め、17年も悲報が続いたけれどTomの最後のツアーを見られたことは本当に良かった…と思った17年でした。
 
18年はFirst Aid Kitの新作、そしてVan WilliamとPearl Charlesのデビュー・フル・アルバムが楽しみです!
 
 
 
 
 
【“アラバマ・ブーム”の一方でガツンと来るバンドが少なかった】
by 山口 智男
 
 
Caletyson
■ Careless Soul / Cale Tyson (At Last)
 
 
Curtisharding
■ Face Your Fear / Curtis Harding (Anti-)
 
 
Thedeslondes
■ Hurry Home / The Deslondes (New West)
 
 
Dorifreeman
■ Letters Never Read / Dori Freeman (Blue Hens Music)
 
 
Jakebugg
■ Hearts That Strain / Jake Bugg (Virgin)
 
 
Johnmoreland
■ Big Bad Luv / John Moreland (4AD)
 
 
Lilliemae
■ Forever And Then Some / Lillie Mae (Thirdman)
 
 
Michaelchapman
■ 50 / Michael Chapman (Paradise of Bachelors)
 
 
Porter
■ Don't Go baby It's Gonna Get Weird Without You / Porter & The Bluebonnet Rattlesnakes (Cornelius Chapel)
 
 
Robertfinley
■ Goin' Platinum! / Robert Finley (Easy Eye Sound)
(アルファベット順)
 
FAMEスタジオに詣でたCale Tysonをはじめ、振り返ってみれば、17年は“アラバマ産”の作品に惹かれるものが多かった。そんな“アラバマ・ブーム”は、まだまだ続きそうだ。
 
個人的なものとは言え、毎年、何かしらブームが生まれるのは、それだけシーンが盛んということだろう。10枚を選びながら、泣く泣く落とした作品は少なくない。
 
唯一残念だったのは、個人的にガツンと来るバンドが少なかったこと。
 
自分で選んだ10枚を見返して、ソロ・アーティストの作品ばかりが並んでいることに、こんなにバンドが好きなのに…とちょっと唖然。ダントツで良かったThe Deslondesの他は、Lee Bains III +The Glory Firesと、アルバムを2枚、同時リリースして、気を吐いたDeer Tickぐらいか。Dan AuerbachもIan Feliceもソロ名義だった。
 
18年は、もっとバンド勢に、おおっと言わせてもらいたい。
 
 
 
 
 
 
 

|

LAST HURRAH 2.0 presents Best 10 albums 2017

Photo

 
 
昨年にひきつづき、ルーツ・ロック~アメリカーナをテーマに(でも、そこはゆる~く)2017年のベスト・アルバムを10枚ずつ選んでみたところ、今年もまた、他にはないおもしろいベスト10になりました。
 
 
 
 
【まだまだある。エンドレスで挙げられるほど豊作だった17年】
by 早川 哲也
 
 
Images
■ After You’ve Gone / Legendary Shack Shakers (Last Chance)
 
 
Images_5
■ Tigre-Teigne / Le Skeleton Band (Head)
 
 
Images_6
■ Boy In A Well / The Yawpers (Bloodshot)
 
 
Scotthbiram
■ The Bad Testament / Scott H. Biram (Bloodshot)
 
 
Images_7
■ Songs Of Love And Death / Me And That Man (Cooking Vinyl)
 
 
Nikkilane
■ Highway Queen / Nikki Lane (New West)
 
 
Images_8
■ Sunnyside / Jake La Botz (Hi-Style)
 
 
Images_9
■ A Girl Like You / Emanuela Hutter (Emanuela Hutter)
 
 
Images_10
■ Gilded / Jade Jackson (Anti-)
 
 
Images_11_2
■ Bad Hombre / Bob Wayne (People Like You)
 
(順不同)
 
 
昨年同様にアメリカーナ枠内ギリギリなモノも混じっているが、ルーツ系から選んだ10枚。
 
他にEarle親子それぞれの新作、The Sadies、Coco Hames、Bash & Pop、JD Mcpherson、Dan Auerbach、Kitty, Daisy & Lewis、Lillie Mae、Margo Price、Eric Ambel、Imelda May、Old 97's、The Builders and the Butchers、Guadalupe Plata、Low Cut Connie …。
 
まだまだあるなぁ。振り返れば、ルーツ系は豊作だった17年。
 
18年はLAST HURRAAH 2.0でも取り上げたEasy Eye Sound作品に期待。
 
嗚呼エンドレス…。
 
 
 
 
【平和や平等のために立ち向かい、闘っているような女性の姿に胸を打たれた】
by 堀口 知江(ホリグチ チエ)
 
 
Scotthbiram_2
■ The Bad Testament / Scott H. Biram (Bloodshot)
 
 
Images_2
■ Spades and Roses / Caroline Spence (Tone Tree Music)
 
 
Old
■ Graveyard Whistling / Old 97's (ATO)
 
 
Images_3
■ After You've Gone / Legendary Shack Shakers (Last Chance)
 
 
Images_1
■ Freedom Highway / Rhiannon Giddens (Nonesuch)
 
 
Hurray
■ The Navigator / Hurray for the Riff Raff (ATO)
 
 
Nikkilane_2
■ Highway Queen / Nikki Lane (New West)
 
 
Images_3_2
■ Ivory Castanets / Cat Clyde (Cinematic)
 
 
Images_4
■ You Don't Own Me Anymore / The Secret Sisters (New West)
 
 
Unnamed
■ Sidelong / Sarah Shook & the Disarmers (Bloodshot)
(順不同)
 
 
Rhiannon GiddensやHurray for the Riff Raffのように、平和や平等のために立ち向かい、闘っているような女性の姿に胸を打たれました。
 
中でもRhiannon Giddensの「You can take my body, you can take my bones / You can take my blood but not my soul」というフレーズは印象的で、いまの米国社会の動きを象徴しているように感じ取りました。
 
女性アーティストが多くなってしまいましたが、Justin Townes EarleやSammy Brue、Dan Auerbachも良かったです。あとLillie Maeも!
 
18年はRuby BootsやJD Wilkesのリリースが楽しみです!
 
 
 
 

|

あけましておめでとうございます

Photo

 
 
無事、新年を迎えることができました。
 
 
 
 

|

« 2017年12月 | トップページ | 2018年4月 »