« DRIVE BY TRUCKERSの最新アルバム『American Band』がちょっと残念な理由 | トップページ | LAST HURRAH 2.0 presents Best 10 albums 2016 ② »

LAST HURRAH 2.0 presents Best 10 albums 2016 ➀

Grapesofwrath

 
以前、LAST HURRAHというファンジンを作っていたとき、主に誌面で取り上げていたルーツ・ロック~アメリカーナをテーマに(でも、そこはゆる~く)2016年のベスト・アルバムを10枚ずつ選んでみたところ、他にはないおもしろいベスト10になりました。
 
 
 
【他にも入れたいバンド/シンガーはたくさんいるが、今日の気分はこんなリスト】 
by 山本 尚
 
 
Dbt
① American Band / Drive by Truckers (ATO)
 
 
Wilco
② Schmilco / Wilco (Warner Music Japan) 
 
 
Andy
③ The Party / Andy Shauf (Anti-)
 
 
Johnk
④ Winter Wheat / John K. Samson (Anti-)
 
 
William
⑤ Modern Country / William Tyler (Merge)
 
 
Avett
⑥ True Sadness / The Avett Brothers (Republic)
 
 
Jay
⑦ Paging Mr. Proust / The Jayhawks (Sham)
 
 
Whi
⑧ Light Upon the Lake / Whitney (Secretly Canadian)
 
 
Lydia
⑨ Real / Lydia Loveless (Bloodshot)
 
 
Conor
⑩ Ruminations / Conor Oberst (Warner Music Japan)
 
①のDBTは聴いた瞬間、年間1位と決めた好作。いままでDBTをあまり聴いてこなかったけれど、タイトルに惹かれ聴いてみたら、最初から最後までタイトルを裏切らない素晴らしいアルバム。曲順も最高。僕の仕事の一つはデータ・ベースを構築することなのだが、このアルバムを聴くとテンションがあがり作業がすごくはかどった。
 
⑤はウィルコのドラマー、グレン・コッツェも参加している最高のインスト・アルバム。1曲目はエンドレスで聴いていられるくらい、メロディーとビートのグルーヴが心地よい。因みに、このアルバムはデータを整理する際に聴くと作業がはかどった。
 
この他にもセラトーンズ、フェリース・ブラザーズ、マーロン・ウィリアムズ、リッチモンド・フォンテーン、アーロン・リー・タスジャンなど入れたいバンド/シンガーがたくさんいるが、今日の気分はこんなリストです。きっとあまり知られていないカナダ人シンガー③、ぜひ注目を!
 
 
 
 
【悲報続きで憂鬱な一年を慰めた、いつもながらのおっさんセレクト】
by 早川 哲也
 
 
Jessedayton
■ The Revealer / Jesse Dayton (Blue Elan)
 
 
Dex
■ Carrboro / Dex Romweber (Bloodshot)
 
 
Themonsters
■ M / The Monsters (Voodoo Rhythm)
 
 
Kid_2
■ La Arana Es La Vida / Kid Congo & The PinkMonkeybirds (In The Red)
 
 
Scots
■ The Electric Pinecones / Southern Culture On The Skids (Kudzu)
 
 
Johndoe
■ The Westerner / John Doe (Cool Rock)
 
 
Kingdude
■ Sex / King Dude (Ván)
 
 
Slim
■ The Commandment’s According to SCAC / Slim Cessna’s Auto Club (Glitterhouse)
 
 
Hillbillymoon
■ With Monsters And Gods / The Hillbilly Moon Explosion (Clouds Hill)
 
 
Cohen
■ You Want It Darker / Leonard Cohen (Sony Music Japan)
 
 
アメリカーナと呼ぶには相当強引なのも混じってますが、10枚選んでみるといつもながらのおっさんセレクト(順不同)。
 
モンスターズは祝30周年!ということで、新譜と同時にリリースされたレーベル所属の濃すぎるアーティストが集結のトリビュート盤も最高。
 
女性ヴォーカル物が漏れてしまったけど、トランスヴィジョン・ヴァンプ時代から大好きなウェンディー・ジェームズの新譜はよく聴いた。
 
ボウイ、プリンス、ヴェガ、コーエン、ノートン・レコーズでお馴染みビリー・ミラー…悲報続きで憂鬱な一年でしたが、Fallen AngelsとBlue & Lonesomeな両大御所の健在ぶりは凄すぎて恐ろしいです。
 
 
 
 
LAST HURRAH 2.0 presents Best 10 albums 2016 ②につづく。

|

« DRIVE BY TRUCKERSの最新アルバム『American Band』がちょっと残念な理由 | トップページ | LAST HURRAH 2.0 presents Best 10 albums 2016 ② »

音楽」カテゴリの記事