« SXSW 2015 3月19日(木) | トップページ | SXSW 2015 3月21日(土) »

SXSW 2015 3月20日(金)

Uof_4
Urban Outfitters on W 2nd street
 
倉庫街からお洒落な街に生まれ変わった2番街にあるアーバン・アウトフィッターズに行き、バーガー・レコードのポップアップ・ショップを見学。
 
 
Burgerrecords_3
Burger Records Pop-up Shop
 
ちょうど出たばかりのSarah Bethe Nelsonのデビュー・アルバム『Fast-Moving Clouds』を10ドルで購入したところ、アーバン・アウトフィッターズとバーガー・レコードがコラボしたトート・バッグをオマケにくれた。
 
 
Blueshouse1_3
SXSW 2015 Blues House (Luther Dickinson, Sharde Thomas and Amy LaVere)
 
その後、アーバン・アウトフィッターズの対面にあるランバーツというバーベキュー・レストランで開催されたブルースを題材にしたドキュメンタリー・ムービー『The Blues House』のパーティーに。ノース・ミシシッピ・オール・スターズのルーサー・ディッキンソンを中心とする豪華セッションを堪能。撮影クルーが同映画の最終シーンになる予定だという演奏を撮影。出来上がりが楽しみだ。
 
 
Blueshouse2_2
SXSW 2105 Blues House (Chris Thomas King and Luther Dickinson)
 
『オー・ブラザー!』他に出演するなど、俳優としての顔も持つルイジアナ州バトンルージュ出身のブルースマン。
 
 
Blueshouse3_2
SXSW 2015 Blues House (Sharde Thomas, Chris Thomas King and Amy LaVere)
 
シャーディは祖父であるオサー・タナーの遺志を受け継ぎ、ライジング・スター・ファイフ&ドラム・バンドのリーダーとしても活躍しているファイフ・マスターだ。エイミー・ラヴィールはメンフィンスの美人シンガー・ソングライター兼ベース奏者。最近はジョン・ポール・キースと組んだデュオ、モーテル・ミラーズでも活躍している。
 
 
Andra_day_2
SXSW 2015 Blues House (Andra Day)
 
ワーナー・ブラザーズが新たに契約したサンディエゴのレトロ・ポップ・ソウル・シンガー。
 
 
Courtney_burnett1_2
Courtney Barnett
 
今年、大きな注目を集めていたオーストラリアのメルボルン出身の女性シンガー・ソングライター。多彩な曲が収録されていたアルバムとは違って、3人編成で臨んだライヴはニルヴァーナ・リスペクトという印象。
 
 
Laura_marling1_2
Laura Marling
 
彼女も大人気だった。ロンドンのニュー・フォーク・シーンの歌姫って言い方はもう古い。トラディショナルなフォーク・ナンバーからパティ・スミスを連想させるロック・ナンバーまで、多彩な曲を書けるソングライティングの才能をアピールした。
 
 
Davidson_2
Delaney Davidson
 
ちょっと理由があって、ダウタウンをさまよったあと、5番街の西の端に辿りつき、ニュージーランドのフォーク/ブルース・シンガー、デラニー・ダヴィッドソンのライヴを見た。アコースティック・ギターのボディを叩き、そのリズムをループ・マシーンでループしながら嗄れ声でメランコリックな歌を歌うだけに止まらず、札束をばらまき、お客さんの手を取り、半ば無理やり踊らせるそのパフォーマンスはまさに怪人。
 
 
Springtime1_2
Springtime Carnivore
 
以前はサーカスで綱渡りの曲芸師をやっていたというグレタ・モーガンのソロ・プロジェクト。リチャード・スウィフトをプロデューサーに迎え、オーウェルズを見出したロサンゼルスのレーベル、オータム・トーンからリリースしたデビュー・アルバムはサイケデリックなドリーム・ポップ調だったらしいが、ライヴは正調パワー・ポップの趣。
 

|

« SXSW 2015 3月19日(木) | トップページ | SXSW 2015 3月21日(土) »

音楽」カテゴリの記事