« サザン・ロックの進歩主義者、Lee bains III & The Glory Firesが大化け! | トップページ | The Royal Concept インタビュー »

ONE BUCK TUNER ライヴ・レポート

最新アルバムをひっさげたツアー初日、ONE BUCK TUNERが
印象づけたバンドの人柄と、ほんの少しの歯がゆさ
Obtmanhole_2
(c) Nanae Tahara
 
「人柄を」。GrindHouse magazine Vol.84掲載のインタヴューで、最新アルバムの『Bye Bye Radioman』を通して、どんなことをアピールしたいか? と尋ねたら、河内由揮(vo,g)はそう答えた。大抵、こういう場合は「バンドの成長を」とか「新たな挑戦を」とか答えるものなんだけれど、何よりもまず「人柄を」と答えたところがONE BUCK TUNERらしくて、いいなぁと思った。僕はますますONE BUCK TUNER のことが好きになってしまったのだ。
 

|

« サザン・ロックの進歩主義者、Lee bains III & The Glory Firesが大化け! | トップページ | The Royal Concept インタビュー »

音楽」カテゴリの記事