« Lee Bains III & The Glory FiresがSub Popと契約 | トップページ | 『不揃いのステップ』 SION »

The OrwellsがThe Arctic Monkeysの北米ツアーのサポートに抜擢

Orwells970

どうせ山口はヴードゥー・リズムだとかヘルベリーだとか、わけのわからないことを言い出すにちがいないと思われたのか、残念ながら、ミュージック・マガジン2月号の「2014年はこれを聴け!」に誘われなかったので、遅ればせながらここで2014年、ぜひ多くの人達に注目していただきたいバンドを紹介したいと思う。

それがオーウェルズ。

以前、「クソガキぶりが頼もしいシカゴの5人組」というタイトルで紹介させていただいたシカゴ郊外のガレージ・ロック5人組だ。

じわじわと注目されてきた彼らだが、今年は早々にアークティック・モンキーズの北米ツアー(1月30日~2月11日)でサポートを務めたほか、ウィーザー主催の船上コンサート・ツアー、ウィーザー・クルーズにパーマ・ヴァイオレッツらと参加。より多くの人に注目されるチャンスを得たという意味で、さらなる追い風が吹きはじめた。

1月15日に出演したレイト・ショウ・ウィズ・デヴィッド・レターマンでもアンコールが求められるほど、渾身のパフォーマンスを披露。きっと全米、いや、ひょっとしたら世界中に大きなインパクトを残したにちがいない。

2月20日から始まるUKツアーはロンドン公演がソールドアウトしたため、追加公演が決まった。UKツアーが終わると、今度は全米ツアーが待っている。

彼らは現在、ライヴ活動と並行して、ヤー・ヤー・ヤーズ、TV・オン・ザ・レディオ、ビーチハウスのエンジニアおよびプロデューサーとして知られるクリス・コーディとともにニュー・アルバムの制作に取り組んでいるそうだ。今年夏のリリースを目指しているという。

アルバムの出来はもちろんだが、そのアルバムをきっかけに彼らがどんな飛躍を見せてくれるのか今から楽しみなのだ。

ブレイクは必至?!

|

« Lee Bains III & The Glory FiresがSub Popと契約 | トップページ | 『不揃いのステップ』 SION »

音楽」カテゴリの記事