« Water Liarsが奏でる何の変哲もないフォーク・ロックがしみる理由 | トップページ | クソガキぶりが頼もしいシカゴの5人組、The Orwells »

SXSW 2013 3月15日(金)

P3160001

滞在3日目。

この日はまず、店頭ライヴでフライトゥンド・ラビットを見るため、ダウンタウンの西のはずれにあるウォータールー・レコードへ。

 

P3160002

毎年の道路渋滞を解消するため、今年はダウンタウンを南北に貫く目抜き通りを走る市バスは迂回路を走っていた。

 

P3160003

一度行ってみたいと思いながらまだ行ったことがない町のステーキ屋。潰れる店がけっこう多い中、この15年、ずっと変わらず営業しているんだからきっとおいしいにちがいない。

 

2

フライトゥンド・ラビット

 

Photo_2

正午からのライヴだというのに大人気。

 

P3160010

 

P3160011

 

P3160012

 

P3160014

 

P3160015

 

P3160016

 

P3160017

 

 

Photo_4

ピクウィック

  

2_2

ドウズ

 

Photo_3

ヴァンパイア・ウィークエンド

全米各地のラジオ局がキュレーターを務めるデイ・ステージでピクウィック、ドウズ、ヴァンパイア・ウィークエンドを見て、昼の部は終了。休憩を取るため一旦、ホテルに戻る。

 

2_3

3

夜の部は姉妹3人組、ステイヴスでスタート。

 

2_4

3_2

ナタリー・ドーン

 

Photo_5

 

Photo_6

ヒーズ・マイ・ブラザー・シーズ・マイ・シスター

 

2_5

Photo_7

アンドリュー・マクマホン

 

Photo_8

フォール・アウト・ボーイ

 

|

« Water Liarsが奏でる何の変哲もないフォーク・ロックがしみる理由 | トップページ | クソガキぶりが頼もしいシカゴの5人組、The Orwells »

音楽」カテゴリの記事