« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

バンジョーの音色に胸が躍った7枚

Photo

大好きなブライスとバンジョーの組み合わせに感激!http://buraburablythe.blog119.fc2.com/

 

TOWER RECORDS ONLINEで2012年のベスト・アルバムを選ばせていただきました。

題して、「バンジョーの音色に胸が躍った7枚」。

|

熱狂のフォーク!

Photo

現在、発売中のCDジャーナル2月号(モーニング娘。が表紙)に現在のフォーク・ブームについて書かせてもらいました。

題して、「熱狂のフォーク!」。

間もなく来日するアイスランドの6人組、オブ・モンスターズ・アンド・メンのインタビューに加え、現在のフォーク・ブームを代表するアルバム10枚も紹介しています。

|

SXSW2012でブレイクしたDaughterのデビュー・アルバムのリリースが決定

Daughter

ライヴ会場に着いたとき、彼女達の演奏がちょうど終わったところだった。しかし、ステージを降りてきた彼女達に大勢のお客さんが「よかったよ!」「とてもよかったよ!!」というふうに盛んに話しかけている光景を見て、あぁ、きっといいライヴだったにちがいないと想像できた。

その後、Comeback My Daughtersのメンバーからも薦められたこともあって、ずっと気になっていたDaughterのデビュー・アルバム『If You Leave』のリリースがついに決まった。

Daughterはエレナ・トンラ(Vo, G)を中心とするロンドンの3人組。エレナのベッドルーム・プロジェクトがデュオ、トリオと発展していったそうだ。

これまで2枚のEPと1枚のシングルをリリース。徐々に注目を集めてきたという。フォークの影響とイギリス特有の翳りを感じさせるサウンドは、ローラ・マーリングからジョイ・ディヴィジョンまでさまざまなバンド/アーティストの名前を引き合いに紹介されている。

『...デヴィッド・レターマン』が彼らのテレビ初出演だった

デビュー・アルバムのレコーディングはザ・エックス・エックス、アデル、シガー・ロスなどを手掛けたプロデューサー、エンジニアの力を借りながら、メンバーのイゴール・ヒーフェリ(G)のプロデュースの下、メンバーの自宅を含むロンドン各地で行われた。ドラマーのレミ・アギレラはアルバムについて、「成熟を感じさせつつ、よりヘヴィーかつダークで、中にはアップビートな曲もある」と語ったうえで、アルバムのイントロとしてシングル「Smother」を挙げている。

『If You Leave』のリリースはイギリス盤が3月18日、アメリカ盤が4月13日。リリースが待ち遠しい。

|

剥製のコレクションが趣味というKendra Morrisが日本デビュー

Kendramorris

「エイミー・ワインハウス以降」の女性R&Bシンガーなんて言えるかもしれない。しかし、個人的にはそれよりも剥製コレクションが趣味と聞き、がぜん彼女に興味が湧いた。

ニューヨークを拠点にしている女性シンガー・ソングライター、ケンドラ・モリス。

そう言えば、注目されるきっかけになった「Concrete Waves」のビデオもストーカーの殺人衝動とその後のどんでん返しを描いた内容がクリーピーと言うか何と言うか。ワックス・ポエティックスからリリースしたデビュー・アルバム『バンシー』もそのタイトルを含め、作品全体に流れる退廃的なムードが単純に「ワインハウス以降」とは言いきれないモリスの個性を際立たせている。

『アメリカン・アイドル』に予選落ちした経験もあるそうだ。その後、結成したガールズ・バンドも結局、ケンカ別れしてしまったという。

その後、生まれ故郷のフロリダ州セント・ピタースバーグからニューヨークに移り住み、バーテンダーとして働きながら、地道に音楽活動を続け、デビューのチャンスを狙っていた。

すでに30歳。遅咲きとも言えるデビューは彼女の作風を思えば、決して不利ではない。右肩から二の腕に入れたごっついタトゥーも含め、そのルックスが成熟を感じさせるからこそ、彼女の歌が持つ世界観はより深いものになっている。

『バンシー』の日本盤は1月26日にリリース。

Kendramorrisbanshee

Banshee / Kendra Morris (Beat)

|

あけましておめでとうございます

Lucerospringtour2013_2 

|

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »