« The Gaslight Anthemが新曲「45」を発表 | トップページ | Luceroがオーケストラと共演 »

Mystery Jetsの新作は生粋のブリティッシュ・ロック・バンドによるアメリカーナ作品?!

Mysteryjets

彼らがなぜテキサス州オースティンで新作のソングライティングとレコーディングを行ったのかその理由はわからない。しかし、それが実り多きものだったことは、ジャケットの真ん中にドーンとテキサス州の形をあしらった新作のアートワークからも明らかだろう。

ロンドンのポップ・サイケ・バンド、ミステリー・ジェッツによる4作目のアルバム『ラッドランズ』。

正直、これまでそれほど注目していたわけではなかったけど、テキサス馬鹿の俺がテキサス州の形があしらわれたアルバムを聴かないでどうする?!と思い、聴いてみたところ、すっかり彼らの大ファンになってしまった。

テレンス・マリックの『地獄の逃避行』(『Badlands』)とキース・リチャーズ、そしてテキサスの環境が大きなインスピレショーンになったという『ラッドランズ』。生粋のブリティッシュ・ロック・バンドがアメリカーナ(アメリカ的なもの)に求めた新境地が見事、カントリーの影響も含むレイドバック風味とともに息づいている。

荒地という意味で、まさにバッドランズ

「The Ballad of Emmerson Lonestar」を含む全11曲にはエマーソン・ローンスターという主人公がバッドランズをさまようというストーリーがあるそうで、バンドは『The Ballad of Emmerson Lonestar』というタイトルの電子版コミックもリリースした。

カイ・フィッシュの脱退は残念だが、新たにベーシストとペダル・スティール奏者を迎え、5人編成になったミステリー・ジェッツの今後に期待している。

Radlands

Radlands / Mystery Jets (Hostess  BGJ-10148)

|

« The Gaslight Anthemが新曲「45」を発表 | トップページ | Luceroがオーケストラと共演 »

音楽」カテゴリの記事