« Mystery Jetsの新作は生粋のブリティッシュ・ロック・バンドによるアメリカーナ作品?! | トップページ | 全米が注目しているフォーク・ロック・バンド、The Lumineers »

Luceroがオーケストラと共演

2ヶ月間にわたるツアーを終え、地元であるメンフィスに戻ってきたルセロが5月3日(木)の夜、ミングルウッド・ホールでメンフィス・シンフォニー・オーケストラと共演した。

オーケストラをもっと身近に感じてもらうためにメンフィス・シンフォニー・オーケストラが2011年11月に始めたシリーズ、Opus One。これまで同オーケストラは通常、クラシックのコンサートに使われないような会場で、ラッパーのアル・カポーン、ラテン・ジャズ・シンガーのマーセラ・ピニラら、クラシックに限らないさまざまなジャンルのミュージシャンと共演してきた。

その第3弾がルセロだった。

メンフィスでロック・バンドと言えば、ルセロ・・・という認識が定着したということか。

オーケストラとバンドは、「Sounds of the City」「What Else Would You Have Me Be」「My Best Girl」「I Can’t Stand to Leave You」「Fistful of Tears」「That Much Further West」に加え、バンドにフィドル奏者がいた頃の「Summer Song」やベンのソロ・アルバムのタイトル・ナンバー「Last Pale Light in the West」も演奏したそうだ。

|

« Mystery Jetsの新作は生粋のブリティッシュ・ロック・バンドによるアメリカーナ作品?! | トップページ | 全米が注目しているフォーク・ロック・バンド、The Lumineers »

ルセロ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事