« Motion City Soundtrackが自ら最高傑作と語る新作をリリース | トップページ | Deer TickがLos Lobosのスティーヴ・バーリンと新作のレコーディングを開始 »

スイスの3人組、Mama RosinがJon SpencerとNYレコーディングを敢行

Mamarosin2_2

ニューヨークにいるEvil Elvis氏からおもしろい情報を教えてもらった。

ブルースのみならず、ケイジャンやザディコといったルイジアナのダンス・ミュージックの影響が色濃いトラッシュ・ロックンロールを演奏するスイスの3人組、ママ・ロジンが新作のレコーディングを終えたそうだ。

今回は、なんとジョン・スペンサーとマット・ヴェルタ・レイ――つまりヘヴィ・トラッシュのコンビのプロデュースの下、ニューヨークにあるマットのスタジオ、NY HEADでレコーディングを敢行。

どういうつながりで?と不思議に思い、ちょっと調べてみたところ、ジョン・スペンサー・ブルース・エクスプロージョンのツアー・サポートを務めたことがきっかけだったらしい。

Mamarosin

ママ・ロジンのメンバーとジョン&マット

 

リリースに関する詳細は、まだ何も明らかにされていないが、新作をきっかけに知る人ぞ知る存在だったママ・ロジンはその存在を、多くの人に知られるようになるにちがいない。

リリースが楽しみだ。

|

« Motion City Soundtrackが自ら最高傑作と語る新作をリリース | トップページ | Deer TickがLos Lobosのスティーヴ・バーリンと新作のレコーディングを開始 »

音楽」カテゴリの記事