« Jack Whiteがソロ・アルバムのリリースを発表 | トップページ | J.Tillmanのソロ・プロジェクト、Father John Mistyが始動 »

First Aid Kitインタビューこぼれ話

Fak クララとヨハンナ

ファースト・エイド・キットのインタビューを含む特集「インディ・ガールズ・フォーク」は現在、絶賛発売中のCDジャーナル2月号で、ぜひチェックを。

こつこつと揃えていた女性アーティスト達の作品が遂に日の目を見た僕の趣味丸出しのページであることはさておき、ここではそこに書ききれなかったファースト・エイド・キットのインタビューこぼれ話を紹介したい。

ペラペラのペラぐらいは日本語を喋れるお姉ちゃんのヨハンナ。

「日本語、どこで習ったの?」と尋ねると、「学校で習った」と言うので、日本語の授業を選択した理由を尋ねたら、「J・ポップが好きだったから」という答えが返ってきた。

なんでもヨハンナは高校時代、日本が誇る浜崎あゆみのファンだったんだそうだ。

「へぇ、そうなんだぁ」と感心していると、顔を真っ赤にして、「ハズカシー」と日本語で言うヨハンナがまたかわいらしかった。

そんな姉を、12歳の時からブライト・アイズを聴いている、ある意味、姉よりもコアなインディ・ロック・ファンの妹のクララは、ちょっとバカにしていると言うか、「ガキねぇ」と思っているふうにも感じられた。

|

« Jack Whiteがソロ・アルバムのリリースを発表 | トップページ | J.Tillmanのソロ・プロジェクト、Father John Mistyが始動 »

音楽」カテゴリの記事