« Bruce Springsteenが新曲のリリック・ビデオを発表 | トップページ | ちょっと、いや、かなり意外だったMark Laneganインタビュー »

Josh T.Pearsonがイギリスでブレイク?!

Joshtpearson

「ラフ・トレードがジョシュ・T・ピアソンをゴリ押ししている」

ロンドンでセッションを楽しんでいる友人のロッキン・ロンサム・エンペラー改めイーヴル・エルヴィスからメールが来た。

どういうことだろうと思い、調べてみると、ジョシュ・T・ピアソンが昨年3月にリリースしたデビュー・アルバム『The Last Of Country Gentlemen』が、ラフ・トレード・ショップスのアルバム・オブ・ジ・イヤーに選ばれたということだった。

カート・ヴァイル、ギリアン・ウェルチ、PJ・ハーヴェイらを押さえての堂々の1位である。

アコースティック・ギターの弾き語りに若干のストリングスを加えただけの渋いアルバムが1位だなんてすごい、とちょっとびっくりしてしまった(ストリングスはダーティ・スリー、ニック・ケイヴ&ザ・バッド・シーズのウォーレン・エリス他)。

因みにアンカット誌の年間ベスト・アルバムでは5位だった。

「素晴らしい女性に恋をした。ただ、彼女は私の妻ではないんだけれど」と歌う「Honeymoon's Great:Wish You Were Her」をはじめ、自堕落な(?)女性関係を赤裸々に綴った歌詞がウケているらしい。

僕は昨年3月、SXSW開催中のオースティンで見たローカル紙に載っていたライヴ写真からただならぬものを感じて、『The Last Of Country Gentlemen』を購入した(ジャケットもよかった)。

Jtpcr オースティン・クロニクルに載った写真

元々はテキサス州デントンのロック・バンド、リフト・トゥ・エクスペリエンスのフロントマンだった。

バンド解散後、ソロに転じたピアソンはテキサスからパリ、パリからベルリンへと移り、そこでミュート・レコードと契約。2011年3月、『The Last Of Country Gentlemen』でついにソロ・デビューを飾った。

『The Last Of Country Gentlemen』は全7曲58分の大作。

ほぼ弾き語りで58分?!と思いきや、いつしか自らの暗い過去を告白、いや、激白するように歌うピアソンのメランコリックなヴォーカルにひきこまれる。

Jtpjkt
The Last Of Country Gentlemen / Josh T.Pearson (Mute 9497-2)

|

« Bruce Springsteenが新曲のリリック・ビデオを発表 | トップページ | ちょっと、いや、かなり意外だったMark Laneganインタビュー »

音楽」カテゴリの記事