« Scott H. Biramはワンマン・バンド | トップページ | The Black Keysが新曲のビデオを公開 »

Jesse Sykes & The Sweet Hereafter インタビュー

Jesse

最新アルバム『マーブル・サン』における変貌を、意外と感じた僕は、ひょっとすると、彼女達の音楽の本質を、しっかりと聴きとっていなかったのかもしれない。

ジェシ・サイクス&ザ・スウィート・ヒアアフター。

ルーツ・ロック・ファンの間では、元ウィスキータウンのギタリストと、その恋人が始めたバンドとして知られていたシアトルの4人組だ。

2002年、タッカー・マーティンがプロデュースした『Reckless Burning』でデビュー。その後、バースーク・レコードと契約して、『Oh, My Girl』(2004年)、『Like, Love, Lust & The Open Halls of The Soul』(2007年)と順調にアルバムをリリース。ギターをトゥワンギーに響かせたスウィート・ヒアアフターのアンニュイなカントリー・サウンドは、美しさと謎めいた魅力を持ったジェシの容貌とともにアメリカ、ヨーロッパで支持されてきた。

前作から4年ぶりとなる『マーブル・サン』はバースークを離れ、自らのステーション・グレイからリリースした4作目のアルバム。

アンニュイという意味では、彼女達の魅力は変わらないものの、前3作とは明らかにベクトルが変化したことを思わせるギターを軸にしたサイケデリック・サウンドは、前作と今回のアルバムの間に僕らが予想もしていなかった跳躍があったことを印象づける。

フィルが狂おしいギター・プレイを繰り広げる後半は、まさに神懸かり的と言ってもいい。老婆のようなしゃがれ声に変化したジェシの歌声に戦慄。

そんな変化は前作発表後、サンO)))、ボリス、アース、ブラック・マウンテンら、ヘヴィー・サイケ・バンドと共演したことがきっかけだったらしい。しかし、思えば、デビュー・アルバムの冒頭でギターのフィードバック・ノイズが意味ありげに鳴らされたときすでに『マーブル・サン』の誕生は約束されていたのかもしれない。

4作目にしてついに日本デビューを飾ったバンドを代表して、ジェシがインタビューに答えてくれた。

つづき

『マーブル・サン』のオープニング・ナンバー

Js_marbleson_cover

Marble Son / Jesse Sykes & The Sweet Hereafter (Daymare  DYMC-146)

|

« Scott H. Biramはワンマン・バンド | トップページ | The Black Keysが新曲のビデオを公開 »

音楽」カテゴリの記事