« 眠い | トップページ | 第4回したまちコメディ映画祭in台東 »

A Cat with Marcellus Hall

Marcellushall_2

来日経験もある4人組、レールロード・ジャーク、レールロード・ジャークのドラマーと組んだデュオ・バンド、ホワイト・ハッスルを経て、現在はソロ・アーティストとして活動しているニューヨークのミュージシャン、マーセラス・ホール。

同時に彼はプロのイラストレーターとしても活躍中だ。

そのマーセラスが友人から猫を預かった時の体験をスケッチした「3 Weeks with A Cat」という作品を、家人が見つけた。

とても素晴らしい作品なので、紹介しておきたい。

Cat

猫の行動や、それに対するマーセラス(?)の反応に「一緒、一緒」と思わず笑ってしまった。

つづきはマーセラスのFacebookで、ぜひ。

でも、ラストはちょっと寂しい・・・かな。

マーセラスは今年、2月、初のソロ・アルバム『The First Line』をリリース。ザ・ホステージスを率いて、ライヴ活動を行っている。

ソロ・アルバム収録の「During the War」のビデオ

そう言えば、以前、ニューヨークで夕食を食べながらマーセラス他、ホワイト・ハッスルのメンバーにインタビューした時のこと(通訳は当時、ホワイト・ハッスルのDJだったアツシさんにやっていただいた)。

夕食を食べ終わったあと、ミントの香りつきの楊枝を使って、歯をシーハーシーハーしていたマーセラスに家人が「オヤジみたい」と言うと、マーセラスは「スメルズ・ライク・オヤジ・スピリット(笑)」とオヤジ・ギャグを飛ばしたっけ。

マーセラスは気取ったところなどこれっぽっちもない、むしろ、そんなお茶目なところもある人だった。

懐かしいなぁ。

Thefirstline

The First Line / Marcellus Hall (Glacial Peace  GPCD012)

|

« 眠い | トップページ | 第4回したまちコメディ映画祭in台東 »

」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事