« ファット・ポッサムがLost Soundsのベスト盤をリリース | トップページ | RIDDLEが最新4thアルバムをリリース »

やっぱりナッシュビルはおもしろい その2 Pujol

Pujol

ジャック・ホワイトもその才能を認めたナッシュビルのインディー・ロッカー、プジョルがブライト・アイズでお馴染みのサドル・クリーク・レコードと契約を結んだ。

今年6月、ジェフ・ザ・ブラザーフッドのインフィニティー・キャット・レコーディングスからリリースした1stアルバム『X File On Main St.』はローファイという言葉を使うことが躊躇われるほどショボいサウンドがある意味、聴きどころと言える作品だったが(ホントか?!)、この若き天然ロッカーはサドル・クリークでどんな作品を作るんだろうか。

いや、何も変わらないような気はするけれど。

それにしてもジェフ・ザ・ブラザーフッドもインフィニティー・キャットごとワーナーと契約を結ぶなど、ナッシュビルのインディー勢が今後、ますます活躍しそうな予感。

Xfile

X-File On Main St. / Pujol (Infinity Cat ICR-59)

|

« ファット・ポッサムがLost Soundsのベスト盤をリリース | トップページ | RIDDLEが最新4thアルバムをリリース »

音楽」カテゴリの記事