« ヴィヴィアン・ガールズに夢中 | トップページ | Olin&The Moon in One Tree Hill »

ねえさん笑ってる?

2

ねえさん。

年齢不詳。うちに住みはじめてもう12年になる。

20歳を過ぎているという噂もある。しかし、それは言いすぎ。せいぜい15歳ぐらいか16歳ぐらいだろう。

僕が知るかぎり、野良猫だった頃、2回出産を経験している。2度目の時はオス猫に子育てを手伝わせていた。たぶん、あのオス猫は子猫の父親ではなかったはず。

うちにごはんを食べにきたとき、自分より先に食べようとしたそのオス猫の横っ面を、ねえさんがひっぱたいた瞬間を僕は見た。

ねえさんはそういうタフな猫だった。

そんなねえさんもうちにあずきちゃんとチビ太が来てからはすっかり無口になってしまった。

ワイルドなストリートライフを引退して、悠々自適の老後を過ごそうと考えて、うちに住みはじめたねえさんにとって、若い新参者の出現(それも2人も!)はかなりショックだったようだ。それについては本当に申し訳ないと思っている。

そのねえさんが「もう我慢の限界」と思ったのか、最近急に抗議の声を上げ、自己主張を始めた。

「おなかがすいた!」
「寒い!」
「食事が気に入らない!」
「トイレを掃除しろ!」
「チビ太がうざったい!」

よくもまぁ、そんな大きな声が出るもんだと感心してしまうぐらい大声で何だかんだと要求するのである。

朝の4時だろうと仕事中だろうと関係ない。自分の要求が叶えられるまで、ねえさんは決してあきらめない。

ねえさんはまだまだタフな猫だった。

そう思うと、この笑顔も違って見えはじめる。

|

« ヴィヴィアン・ガールズに夢中 | トップページ | Olin&The Moon in One Tree Hill »

」カテゴリの記事