« ソーシャル・ディストーションの新作は貫禄の 1枚! | トップページ | ジャスティン・タウンズ・アールが年間トップ1に »

パラモアからファロ兄弟が脱退

Paramore_2

パラモアからバンドの結成メンバーであるジョシュ(G)とザック(Dr)のファロ兄弟が脱退した。

その理由について、ジョシュが自身のブログで赤裸々に語っている。

紅一点シンガー、ヘイリー・ウィリアムズがバンドに加入したときから、ヘイリーのマネージャーとアトランティック・レコード、そしてヘイリーの両親は、彼らバンドのメンバーを単なるバック・バンドとしか考えていなかったというショッキングな内容だ。ヘイリー以外のメンバーはアトランティックとのレコード契約から締め出され、バンドは草の根的なファンベースをまず築くため、一時的にインディーのフュールド・バイ・ラーメンに預けられたという。

ジョシュによると、バンドのキャリアはジョシュ達にとって葛藤の連続だったようだ。

確かにバンドの危機は何度となくあったようだ。

それでも活動を続け、09年発表の『ブラン・ニュー・アイズ』を作ることによって、バンドは一つになれたと思った矢先、バンドは真っ二つに割れてしまい、結局、結成メンバーであるファロ兄弟がバンドを去ることになってしまった。

そう言えば、今年2月の来日公演、ジョシュは不参加だった。結婚準備のためツアーを一時離れていると伝えられていたけれど…。

大好きなバンドの分裂。ファンには悲しい出来事にちがいない。僕はもういい大人なので、こういう話を聞いてもことさらショックには思わないけれど、それでもインタビューさせてもらったこともライナーノーツも含め、いろいろ原稿を書かせてもらったこともあるバンドだけに、正直、何だかすっきりしない気持ちはある。

もっとも、これはジョシュの言い分。

ヘイリーは二人の脱退について、今のところ型どおりの冷静なコメントしか発表していないようだ。

彼女の本音を聞いてみたい。

|

« ソーシャル・ディストーションの新作は貫禄の 1枚! | トップページ | ジャスティン・タウンズ・アールが年間トップ1に »

音楽」カテゴリの記事