« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

MONOBRIGHT

Momono

『ADVENTURE』と題した3rdアルバムを、10月13日にリリースする北海道出身の4人組ロック・バンド、MONOBRIGHTにインタビュー。

その新作はタイトル通り、"ニュー・ウェイヴ"であることにこだわってきたバンドの冒険心がめいっぱい詰まった力作だ。

新作にまつわるおもしろい話が聞けた。

インタビューは10月20日発売のミュージック・マガジン11月号で!

(写真はバンドの中心メンバー、桃野陽介)

Adventure

ADVENTURE / MONOBRIGHT (DefSTAR  DFCL-1679)

|

ジャスティン・タウンズ・アール つづき

3

09年のSXSWで

その夜は演奏中、しつこく客に野次られたらしい。

最初は適当に受け流していたジャスティンも「脱げ!」「おまえが脱げ」というやり取りの後、客席から投げられたTシャツが演奏中のギターに直撃した瞬間、キレた。

その日は酷い音しか作れないクラブのPAにサウンドチェックの時点で腹も立てていた(まるで水の中にいるような音だったという証言もある)。

酒も飲んでいた。

しかし、「Fuck you!」とだけ言い返して、ステージの上では何とか堪えた(そうなると、泥酔して、観客にケンカを仕掛けていたように見えたという話とはずいぶん食い違う)。

ともあれ、最後の曲を演奏し終え、楽屋に戻った。そのとたん、怒りが爆発した。思わず、その怒りを楽屋の鏡やテーブル、イスにぶつけてしまった。

クラブのオーナーがやってきて、「壊した鏡とテーブルとイスを弁償しろ。200ドル払え」と要求した。それがジャスティンの神経を逆撫でした。

怒り狂ったジャスティンはそこに居合わせたオーナーの娘を殴り、店を追い出された。しかし、それでも怒りが収まらない彼は店の外で客を罵倒しつづけ、駆けつけた警官に手錠をかけられた・・・・・・。

ジャスティンは9月23日以降のツアーをキャンセルして、リハビリ施設に入るそうだ。

彼は自身のホームページで、ウェブ上で今回の事件について伝えられていることは正確ではないとコメントしている。

|

ジャスティン・タウンズ・アール

Jte

9月14日に最新アルバム『Harlem River Blues』をリリースして、アメリカをツアー中だったシンガー・ソングライターのジャスティン・タウンズ・アールが16日、逮捕された。

伝えられるところによると、その夜、インディアナポリスのレディオ・レィデオというクラブのステージに立ったアールは泥酔状態で、観客に対して悪態をつき、ケンカを仕掛けようとしていたそうだ。

アールが何曲、演奏したかは不明ながら、スタッフに追い出されたのか、自ら出て行ったのか、店の外でも大声で観客に悪態をついていたアールは、とうとう逮捕されてしまったという。

その後もアールはツイッターで店のスタッフや彼の行動をいさめたファンに「くそったれ!」と悪態をつきつづけている。

一体、何があった?!

店のスタッフに対して、「くそったれ!」と書き込んだツイートの「フェリース・ブラザーズは賛成してくれると思うぜ」という一文から、スタッフの態度に腹を立てたんじゃないかと、かなり同情的な見方もできそうだけれど、果たして真相は?

さすが、ならず者カントリーを地で行くスティーヴ・アールの息子である。

やはり血は争えない??

Harlemriverblues

Harlem River Blues / Justin Townes Earle (BLOODSHOT BS178)

|

モリのアサガオ

Photo

10月18日(月)から始まるテレビ東京の新しいドラマ『モリのアサガオ』の制作発表に行ってきた。

新人刑務官と死刑囚の心の交流を描きながら、死刑制度の今を浮き彫りにするという。

日本のドラマはほとんど見ないけど、『モリのアサガオ』はおもしろそう。

期待している。

|

トゥルーブラッド

True_blood

この秋は海外テレビドラマがかなり充実している。

『マイネーム・イズ・アール』『THE WIRE』『ビッグバン★セオリー』『クリミナル・マインド』の新シーズンに加え、なんと『トゥルーブラッド』の放送が開始!

アメリカ深南部ルイジアナを舞台にした、このシリーズのことを知ったときからずっと見たいと思っていたものの、まさか日本で放送されることはないだろうと半ばあきらめていた。それがヴァンパイア・ブーム(?)の追い風とともに日本上陸することになった。

他人の心が読める少女スーキーとヴァンパイア、ビルの禁断の関係を描いたミステリアスなドラマと言うと、『トワイライト』シリーズを連想するかもしれない。しかし、10代の少女向けの『トワイライト』とは違い、『トゥルーブラッド』はかなり大人向け。

まだ第1話しか見ていないけど、ルイジアナのむせかえるような暑さの中、大胆なセックス描写とともに宗教、差別、殺人、欲望などをテーマにしたアメリカン・ゴシックとも言える濃厚なドラマが繰り広げられそうな予感。

今後の展開に大いに期待している。バックに流れる音楽もいかにも南部っぽくていい。

その一方で、『ヴェロニカ・マーズ』が今月、ついにシリーズ最終回を迎える。

モーション・シティ・サウンドトラックのジャスティンも以前、インタビューした時、言っていたが、『ヴェロニカ・マーズ』がこれで見納めなんて本当に残念だ。

Veronica_mars

|

レザーフェイス

Leatherface

UKメロディック・パンクの大ベテラン、レザーフェイスにインタビュー。

的外れの質問という気もちょっとしたけど、ずっと聞いてみたかったことを尋ねてみた。

半々の手応え。でも、聞いてみてよかった。

けっこう意味のあるインタビューになった・・・かな。

インタビューはEAT magazineの次号に掲載予定。

(Vo&Gのフランキーは欠席)

|

キングス・オブ・レオン

Kingsofleon

アルバム4枚のトータル・セールスは全世界で1150万枚。
今年6月にはロンドンのハイド・パークに6万人を集め、単独公演を成功させた。

日本じゃ、ちょっと想像しづらい世界規模の人気を、すでに確かなものにしているナッシュヴィルの3人兄弟とその従兄弟からなる4人組、キングス・オブ・レオン。

そんな彼らの、まさに世界中が待っていたと言っても過言ではない最新5thアルバム『カム・アラウンド・サンダウン』がついに完成。リリース日が決定した!

アメリカとイギリスは10月19日。そして、日本は11月24日!(ともに予定)

待ち遠しい~。

これがジャケ↓↓↓↓

Kol5thlow10

|

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »