« デルタ・スピリット | トップページ | 映画『イエロー・ハンカチーフ』 »

ザ・ヤング・ヴェインズ

Theyoungveins

パニック・アット・ザ・ディスコを脱退したライアン・ロス(G, Vo)とジョン・ウォーカーが(G, Vo)がロサンゼルスで新たに結成した5人組、ヤング・ヴェインズ。

そのデビュー・アルバム『Take A Vacation!』は、2人のビートルズ熱が形になった1枚。

その点、パニック~の問題作『プリティ。オッド。』の延長上にある作品と言えるかもしれない。

しかし、『プリティ。オッド。』がオーケストラも使ったサイケデリックかつマジカルな大作だったことを考えると、シンプルなソングライティングとバンド・サウンドを追求した『Take A Vacation!』は、むしろ『プリティ。オッド。』とは対極にある作品と考えるべきなのだろう。

甘酸っぱいポップ・ソングの数々を聴き、僕はマージー・ビートとかフォーク・ロックとかという言葉を思い出した。中にはクリス・ウィルソンがヴォーカルだった頃のフレイミン・グルーヴィーズを思い出させる曲もある。

つまり、『プリティ。オッド。』よりもさらに時代を遡っているわけだ。

それはメンバーのルックスにもしっかりと表れている。

Take_a_vacation

Take A Vacation! / The Young Veins (One Haven Music  OHM-103-2)

|

« デルタ・スピリット | トップページ | 映画『イエロー・ハンカチーフ』 »

音楽」カテゴリの記事