« 猫の不思議な力 | トップページ | ルセロ in ボナルー »

シェリル・クロウ

ファンの間では好意的に迎えられたようだが、個人的には前2作は物足りなかった。

内省的と言うか、何と言うか。

ストーンズ好きのロックねえちゃん。そんなイメージに囚われすぎて、彼女の挑戦をちゃんと受け止められなかったと言われれば、それまでだけれども。

だから、原点回帰という噂の新作には大いに期待した。

早速、聴かせてもらったところ、期待通りの出来だった。いや、期待とはちょっと違ったけど、ロッキンなソウル路線からは、前2作には足りなかった理屈ぬきに音楽を楽しもうという想いが感じられる。

『100マイルズ・フロム・メンフィス』。

タイトルは彼女が生まれ育った場所を意味するらしい。とは言え、タイトルにメンフィスと謳っているってことは、やはりメンフィスと、そこで生まれた音楽を意識していたということだろう。

そんなところにも、もう一度原点に戻ってみようという想いが窺える。

キース・リチャーズ、ジャスティン・ティンバーレイク、シティズン・コープら豪華ゲストが参加した新作は7月14日リリース!

Cover_100_miles_72rgb

100マイルズ・フロム・メンフィス/シェリル・クロウ(ユニバーサル UICA-1056)

|

« 猫の不思議な力 | トップページ | ルセロ in ボナルー »

音楽」カテゴリの記事