« SISTER JET | トップページ | CHUCK RAGAN interview »

ザ・デッド・ウェザー

A

最新のアー写。ジャック・ローレンスがピンボケ・・・

ザ・デッド・ウェザーの2ndアルバム『シー・オブ・カワーズ』がすごい。

前作『狂おしき薫り』ももちろん、かっこよかったけれど、『シー・オブ・カワーズ』を聴いてしまうと、リハーサルに思えるほど。いや、リハーサルという表現は適当ではないか。

何と言うか、思うに前作はジャック・ホワイトと仲間達がキルズのシンガー、アリソン・モシャートを招いたジャム・セッションだったんじゃないか。それがワールド・ツアーを経て、現在はメンバー全員がそれぞれに主張するバンドに発展したことを確信させる。

前作のブルース・ロック路線を踏襲しながらも演奏は幅を広げ、ブルース・ロックはもはや構成要素の1つでしかない。

多彩と言うよりは、混沌。

ホワイト・ストライプスやラカンターズよりも好きかも。

『シー・オブ・カワード』は5月26日リリース。

Tdw_seaofcowards_cover

シー・オブ・カワーズ/ザ・デッド・ウェザーズ(ワーナー WPCR-13858)

|

« SISTER JET | トップページ | CHUCK RAGAN interview »

音楽」カテゴリの記事