« MURDER BY DEATH interview | トップページ | 熱帯音楽酒場ロス・バルバドス »

クリス・シフレット

Chrisshiflett_3

フー・ファイターズやミー・ファースト&ザ・ギミ・ギミズのギタリストとして活躍するかたわら、自らがフロントに立つバンド、ジャクソン・ユナイテッドで精力的にソロ活動も行ってきた。

08年にギミ・ギミズのメンバーとして来日したときには、「テレビのドキュメント番組の音楽を作っている」と言っていた。

昨年は、10代の頃大好きだったハノイ・ロックスのギタリスト、アンディ・マッコイのリアル・マッコイ・バンドのギタリストとしてステージに立った。

今年のSXSWではビリー・ブラッグとウェイン・クレイマー(元MC5)のジェイル・ギター・ドアーズUSAのメンバーとしてトム・モレロらとギター・バトルを繰り広げた。

そんなロック界のワークアホリック、クリス・シフレットがChris Shiflett & The Dead Peasants名義で新作を完成させた。

クリスによると、カントリー、ロカビリー、ルーツ・ロックの影響が色濃いロック作品だという。

ベースのデイヴィー・ファラガー(エルヴィス・コステロ&ジ・インポスターズ他)、ペダル・スティールのグレッグ・リーズ(ウィルコ他)、ヴァイオリンとマンドリンのスティーヴィー・ブラッキー(ベック他)ら、ベテラン・ミュージシャン達が参加。

これまでとはかなり趣の違う(渋い?!)作品になっていそうだ。

楽しみ。

リリースは7月13日!

|

« MURDER BY DEATH interview | トップページ | 熱帯音楽酒場ロス・バルバドス »

音楽」カテゴリの記事