« ジェシー・マリン | トップページ | THOSE DARLINS' INTERVIEW »

コールドプレイ

アメリカ人のコールドプレイ観(?!)に

ちょっとびっくり!

この10月にシーズン4の放送が始まった『BONES』を見ていたら、主人公であるボーンズことテンペランス・ブレナン博士がデートしている植物学者を、彼女の相棒と同僚の心理学者が「彼はゲイだ、ゲイだ」とからかうシーンがあった。

物語の主軸である殺人事件とは直接関係ない、ブレナンの私生活と、それにいろいろ口をはさみたがる相棒シーリー・ブース捜査官とブレナンの微妙な関係を描いた枝葉とも言えるシーンだ。

そこでブースと心理学者がいくつか挙げていた、その植物学者をゲイとする根拠の中に「コールドプレイのファンだから」というのがあって、ちょっとびっくりさせられた。

ふーん。コールドプレイってそういうイメージの音楽なのか?

言わんとしていることは、なんとなく…あくまでもなんとなくはわかるけどね。

でも、どうなんだろう? 短絡的すぎやしないか。

|

« ジェシー・マリン | トップページ | THOSE DARLINS' INTERVIEW »

映画・テレビ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事