« ブライアン・セッツァー・オーケストラ | トップページ | GUN CLUB »

A tribute to Jeffrey Lee Pierce

死後10年経った現在も語り継がれる

伝説のカルト・ロッカー、ジェフリー・リー・ピアースの

トリビュート・アルバムが完成

Jlp

在りし日のピアース。

アメリカのオンライン・マガジン、BLURTが伝えるところによると、ドイツのインディー・レーベル、GLITTERHOUSEが来年1月11日に故ジェフリー・リー・ピアース(1958年-1996年)のトリビュート・アルバム『We Are Only Riders - The JLP Sessions Project』をリリースするそうだ。

さて、ジェフリー・リー・ピアースと言って、今、どれだけの人に通じるのか?

ピアースが率いていたガン・クラブは彼の死後、10年以上経った今も欧米ではカルト的な人気を誇る伝説のバンドだ。

日本では過小評価どころか、まともに評価されことすらないだけに欧米における人気は、なかなか理解しづらいとは思うが、多くのバンドが彼らの曲を取り上げていることや、彼らの活動を追ったドキュメンタリー映画が2本も作られていることを例に挙げれば、なんとなくわかってもらえるんじゃないか。

80年、ロサンゼルスのパンク・シーンで活動を開始したガン・クラブは、81年、『Fire Of Love』でデビューしたときすでに、その後、ブロークン・ブルース、オルタナ・カントリー~ゴシック・カントリーと名づけられる音楽を自分達のモノにしていた。

つまり、彼らは少なくとも10年は時代を先取りしていたわけだ。

ガン・クラブのガの字も知らずに

ジョン・スペンサーやホワイト・ストライプスを

語るなかれ

多分に八つ当たり気味ではあるけれど、百万言を費やす前に、そんなふうに言ったほうが、ロック・シーンにおけるガン・クラブおよびピアースの重要性は伝わるにちがいない。

ピアースがランブリン・ジェフリー・リー名義で92年にリリースしたフォーク・ブルース・アルバム『Ramblin’ Jeffrey Lee & Cypress Grove with Willie Love』でピアースの相棒を務めた英国人ギタリスト、サイプレス・グローヴが企画した今回のトリビュート・アルバム『We Are Only Riders - The JLP Sessions Project』は、グローヴが90年代初頭、ピアースとレコーディングした未発表曲を、ピアースの友人や、かつての共演者が改めてレコーディングした全16曲が収録されているそうだ。

グローヴは3年前、自宅の屋根裏部屋でカセットテープの束を見つけたという。そこにはグローヴのベッドルームでラジカセを使ってレコーディングしたアコースティック・セッションが入っていた。グローヴ本人も忘れられていた未発表セッションの存在に驚いたにちがいない。

ピアースの功績を後世に伝えるためにも発表しなければ――。しかし、残念なことに作品として発表できる音質ではなかったため、グローヴはそれらの曲をピアース所縁のミュージシャンにレコーディングし直してもらい、トリビュート・アルバムとしてリリースすればいいと考え、MySpaceなどを通して、参加ミュージシャン一人ひとりに連絡を取ったんだそうだ。

グローヴの尽力によって、錚々たるメンツが顔を揃えた。

収録曲は以下のとおり――。

1 Nick Cave - 'Ramblin' Mind'

2 Mark Lanegan - 'Constant Waiting'

3 The Raveonettes - 'Free To Walk'

4 Debbie Harry - 'Lucky Jim'

5 Lydia Lunch - 'My Cadillac'

6 David Eugene Edwards - 'Ramblin' Mind'

7 The Sadies - 'Constant Waiting'

8 Mark Lanegan & Isobel Campbell - 'Free To Walk'

9 Lydia Lunch - 'St. Marks Place'

10.Crippled Black Phoenix - 'Bells On The River'

11.Cypress Grove - 'Ramblin' Mind'

12.Johnny Dowd - 'Constant Waiting'

13.Nick Cave & Debbie Harry - 'Free To Walk'

14.Mick Harvey - 'The Snow Country'

15.David Eugene Edwards & Crippled Black Phoenix - 'Just Like A Mexican Love'

16.Lydia Lunch, Dave Alvin, And The JLP Sessions Project - 'Walkin' Down The Street (Doin' My Thing)'

|

« ブライアン・セッツァー・オーケストラ | トップページ | GUN CLUB »

音楽」カテゴリの記事